×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

























あしらわれるほど傍にいたい

やさしさに紛れて壊れたい
こんなに愛しても
私だけのひとではないけれど
あなたのお蔭で息ができてる
かなしみのわけもしりません
なんて愛おしいのだろ
嫌われたって構わないから
あしらわれるほど傍にいたい

ぼくのスピカ

ひしめくなかにひとつだけ
永遠のように続くもの
いつかその空に届くまで
君をみつめていたいから
(わらっておくれ、ぼくのスピカ)

確実に迫り来る、

確実に迫り来る、
間に合えばいいな
追ってる? 追われてる?
隠れたって無駄
焦燥がスリルに変わる一瞬
心臓が加速する
目的地はまだ見えず
暴走する好奇心
ひとひらのひらめき
駆けてゆく

ぼくらの優しかった日々は今日もどこかにありますか

I found it hard to say "Good-Bye" to you
それでも想いは尽きない
あなたを想う日々はやさしい
それでも想いはいつも正しい
I want to go to the world where you're alive


消毒液とさよならの匂い
それが間違いでも背徳でも邪道でも
本当は二度と君を忘れてしまいたかった
あの夏に去り置いてきた君へ、(だけどもう君の夢をみない)
伝えたかった何もかもにはまるで足りないけど
いまさら愛だなんて呼んでいいかな


ぼくを呼び起こす手紙
夏はきみをおもいだします
無力のぼくを嘲っておくれ
見えなくてもいま確かにきみはいる
僕らの優しかった日々は今日もどこかにありますか

弾丸に愛をこめて

弾丸に愛をこめて
あらゆるしがらみに唾を吐く
その憎しみがぼくの存在証明
この地獄を識っていた
ひとりぼっちになりながら
贖罪の山羊は夢を見る
きみは共犯者になれない

愛の火はまだ燃えていますか

昨日に手を振る時間帯
ぼくらの深夜対談
包まれたい願望
神さまが気づきますように
愛の火はまだ燃えていますか

それはつまり諦めの延長線上にあるということ

自分世界の底が尽く
きっと修正不可能な軌道
恋しいまでの引力で
あなたに嘘はつけないな
いびつな周期
わたしの選んだ世界
あの頃の純真にさよなら
それはつまり諦めの延長線上にあるということ

本気のギャンブル

好きになりすぎたほうが負け
宣戦布告の愛
本気のギャンブル
躊躇えば致死
この手で起こす革命
天秤は傾く
裏返したのはどっち
最後に微笑えるひとだけが勝ち

あなたっていう奇跡

モノクロのなかにある
あなたの輝きに負けてられない
わたしひとり忘れないでね
春霞の街
彼女の愛した海
ひとつずつ共有していく
あなたっていう奇跡

擦り切れた君に添いたいな

日常を食べ尽くす
息をしてるだけで醜態
螺旋状思考
積み木の足もと
その先が惨状だとわかっていても
擦り切れた君に添いたいな

かなしみのまえできみが呼ぶから

傷痕をなぞるようにきみをおもいだす
それはいつか現実になる
かなしみのまえできみが呼ぶから
泣きたくたって前向くんです
だからわたし、きみがいなくても生きていけるの

七月七日はいつも雨

億光年の距離で永遠に片想う
七月七日はいつも雨
どうしてあなたにふれられた
超新星みたく最期のひかり
あなたはいちばん遠い「人間」でした

不在の成立

不似合いな王冠
だってぼくはきみになれない
だからぼくはきみになりたい
だけどぼくはもっときたない
それはとても真理です
両手にあるもの捨てちゃいたいの
不在の成立

チェシャ猫の笑顔で裏切り

偽って生きる安楽
チェシャ猫の笑顔で裏切り
まっさらでなんていられないのさ
ひたすら濁るぼくの純心
生きるための狡猾

絆凶器

きみが繋いだきのうの電話
絆凶器
雁字搦めの檻
死にたがりやのひとりよがり

ある夏への発作的懐古

もう歳をとらないあなた
星のひとつになんかしないわ
約束だった明日を結んだ小指
本当はいまだって泣きたいくらい逢いたい
そう言って二度とさよなら
まったくひどいひとでした(とんでもなくひどくて、やさしいいとしいひとでした)

置いてけぼり宇宙

おいてけぼり宇宙
置き去りなのは君かわたしか
星々をわたる気持ち
意識外ブラックホール
笑い返してはくれなそうです
いまも褪せずに息づく想い
朽ち果ててしまうその前に、あなたに届けば素晴らしい

人間なんておやめなさい

不安定性メランコリア
エンドロールから一転、悲劇の幕開け
地獄開き
理不尽はぼくを狂わせる
神様ヘルプ
人間なんておやめなさい
ひとりぼっちに比べたらなんにも痛くありません
夢の骸の上に立つ
不器用な死体
嘲笑った希望というものに知らぬ間しがみついていた

きみの未来をください

なにもかもお揃いがよかった
罪にならない愛しかた
毒にもならない
ぼくが生まれる前のきみ
たとえば夜と昼のように
愛情の分類なんて無意味
やさしいのがもどかしい
噛みつく約束
手を繋いだままで、一生
きみの未来をください

踏み出した足で蹴落として

ラヴ・ミー、ヘイト・ユー
踏み出した足で蹴落として
泣きたかった痕
語ってる暇あるなら抱きしめて
心臓がやわらかくなるまで

わたしを殺そうとした口で

わたしを殺そうとした口で死にたいなんて言うあなた
背中の悪意
その罪なら赦すけど(心はもうゆるしてやらない)
絶望に底はみえない
真っ先に、だれよりはやく、殺すといいわ
世界のどこにも繋がっていない感覚

咲き誇る者の誉れ

煉獄で恋愛遊戯
真が欲しけりゃくれてやる
目尻の紅いのを見るな
裸足で追いかけた幻を
蝶の如しと侮るなかれ
啼かず哭かず泣かず
金か愛かそれとも夢か
紫煙うずまく私怨
花は枯れると忘れるな
心まで白く塗りたくって
袖振る孤高
帯をほどいても髪をほぐしても
総て亡くしても笑え
睨み据えてお前
咲き誇る者の誉れ

カンパネルラはもう居ない

逃げ出した放課後
この罪に終わりはない
ぼくだけの超新星
真上のオリオン
セヴンスターで酩酊
星屑をあつめたって
ぼくらどこにも行けないね
カンパネルラはもういない

世界のどこにもいないあなた

世界のどこにもいないあなた
命日なら11月の水曜日
叶わないの「また明日」
痛くても笑えるひとになりたい
だって過去には戻れないから

Unhappy Christmas

どんなに夢みても明けてしまう夜
同じことを何度だって繰り返して
わたしが伝えたいのはいつだって
言葉にはできないあなたへの心
あなたが降り積もる真冬
三年前の残雪はいまもとけのこって
開いたままの傷口は凍傷
プレゼントなんていらないからあなたのぬくもりがほしかった

傷も痛みも絆なら

目をふさいだら、消そう、
真白の世界
ぼくの足跡だけがある
流れ星なんて見たことないよ
夜がやさしかったあの頃
分け合うのなら裁けない罪を
だれにもわからなくてよかった
繋いでたのはなんだったかな
涙は血液って識ってた?
いい子のふりはやめたので
さよなら上手になろうって決めた
本当の冗談
どんなに泣いても誰に縋っても
祈ったってなにも変わらなかったけど
あと三回、数える間だけ
希望なら腐るほどあるのに
正しくなんてないけど間違ってもない
懐かしいさみしさを連れてくる
鮮やかな彩を以って
傷も痛みも絆なら
退路も抜け道もぜんぶ潰した
まちがいなくの現実
運命捜索隊
もしも神さまになれるならあなたを蘇らせるのに

王様と騎士

泣けない王様
呪いじみた魔法
葛藤するてのひら
未来既知
負けない痩躯

硝煙の申し子
闇色へ染む
9mmと980gの相棒
フェドーラにキスを
死神の条件

無邪気な嘲笑
命で契れ
殺能
真紅の潮騒
鋭利を盾に

ハロー現実

ハロー現実
いちばんのあいさつ
It's a chaos
迷子な気分
ただひとつの繋がり
変わらないものあるって、言って、
愛してた、さよならのあとまで
おそろしいほど純真で眼をそらしたいほどすきなひと
(ああ、逃げられない)
振り返っても立ち止まっても前を見据えても
世界はちゃんとうつくしい
ぼくの光がうまれた日
あなたのためがわたしのためです
やさしくなるための口実
泣かないでかみさま
二度目の葬儀はわたしひとりで
遮断世界
現実を捨てて
























50回目の未来でもふたりは笑いあえるはず

セピアレポート
左胸に十字架を
いつかわかるよ
視線速度
流転する脆弱

あまい毒を孕む
恋とは一過性の熱
愛とは永劫燃ゆる傷
ざわめく夜の流星
日々に憂鬱

メロディアスメロウ
浴槽に百花繚乱
ささやきて候
死んだ秒針
引き攣れた喉

不可視のあなた
パラレルナイト
迷子の呼吸
白線越しにらめっこ
罵って嘲って蔑んで

もうすこしだけ此処に
銀河鉄道症候群
別れるために出逢ったの
命のナンバリング
ラストハレーション

しあわせのようなもの
季節の出逢い
あったかいものは嫌いです
情緒むすび
利己的被害妄想

唇に噛みついた約束
寝息まで呑み込んで
霞んでいく幾億の灯火
素直に嘘をつきなさい
痛み止めのキス

泣かないでかみさま
まぼろしの邂逅
透明な朝にまぎれて
約束が嘘をまねくように
いたみますか

つれないのがお好き
手に入るならぜんぶ
そんな夜にも泣けてしまうのは
もいちど握手
愛憎の肌ざわり

そんな日常
繕うことも忘れた衝動
ちいさな現在
世界が目の前で朽ちていく瞬間までだって
50回目の未来でもふたりは笑いあえるはず