×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

























夏と十五と君の最後に

「永遠はどこにもないね」という君に頷いたこと後悔してる
息をするその音がいつか止まるって解ってはいても認めたくない
誰よりも愛した君が大好きな蝉の音が響く真夏が終わる
嘘をつくつもりはひとつもないけれど君にとっては裏切りかもね
「さよなら」といつもの笑顔でいう君に永遠を誓う僕をゆるすな


過去形にするだけで終わる恋ならよかったのにと十五のおわり
赦されることが罪だと思ってた私は今もひとりでいます
もういちど君に逢えたらと願うけど輪廻転生は信じない
空の星眺めてみたりするけれど君はどこにもいない気がする
なかないよ 約束したからもうにどと君以外には涙見せない
さよならもいえない程の愛でした(十六になれば忘れるつもり)

それは永遠の別れにも似た忘却である

あと少し経てばあなたは過去となって
私をかたちづくるすべての一部になるだろう
思い出よりも曖昧で味気ない残像だけを遺し
言葉では届かない記憶の海底へと沈んでいくだろう
この感傷を後悔と呼ぶのならば
それはきっと出逢ったことへではなく
新しい何かを求めて前に進んだ決意に違いない
だけどそれさえも跡を追うように沈んでいき
何ひとつのかけらさえもなく砂に埋もれるのだろう
それは永遠の別れにも似た忘却である

きみの色彩が褪せていく

きみの色彩が褪せていく
オペラグラスの恋
夢のあしあと
戻れない真昼
疎らな憧憬


あたしを忘れてわらってますか

あたしを忘れてわらってますか
いつかの君
後悔も反省も役立たず
すべて必然だと笑おうか
マルボロの味を識っても
もう繋がらないのかもしれなかった
きれいなままで君にあえない
だいすきだよ、あいしてるよ、たとえ君がそうじゃなくても
それだけは云わせて


かなしいから、さよならです

我のみぞ知る
はじめてのさよなら
秘密を飲み込んだまま蹲る
すぐに壊れるような鍵で
それでも護りたかったもの
三年目の朝にはゆるされない夢を
シークエンスのすべてにきみがいる
さみしさにかえってゆきます
逆流する意識
激しい慟哭が世界を支配
かなしいから、さよならです


もう君の嘘しか聞こえない

あなたの嘘はやさしい
憧れだけじゃ変われない
夢より愚かな理想論
真逆にある憧憬
あなたの嘘はただしい
もう君の嘘しか聴こえない


「君が大嫌いだったよ、生まれる前から」

まるで語呂合わせみたいな愛をあげただけ
要らない要らない、そんな愛みたいな優しさ要らない
さよならも言えないくせに愛なんて語るな
愛してはいない(ましてや愛されてなど、)
「君が大嫌いだったよ、生まれる前から」

世界ではない何かがきらめいている

透明なカメラで切り取るあした
憂鬱な休日
怠惰な平日
早足の日常
たとえすべての過程がつまらなくっても
きみひとりの愛だけで、それだけで、
世界ではない何かがきらめいている


嘘でもいい、きみがくれるなら

Sugarless Sure
嘘を吐くことに心が痛まなくなった頃、嘘を吐かれる痛みを識った
どうしてもきみがいい
必ずの正義じゃない
独りよがりでいいじゃない
喩えば巧く笑えたとしてそれが偽りだと気付いても君は笑い返してくれるだろうか
嘘でもいい、きみがくれるなら


君は嘘を吐くとき瞬きひとつしない

君は嘘を吐くとき瞬きひとつしない
瞬きの間も、僕は何にもなれなかった(そう、僕にすらね)
その温度差が嫌いだと云ったら何かが終わる気がするから
君が目醒める朝世界は終焉を迎える


知らなかったの?かみさまはいつだっていじわるなんだよ

25時に起きたときあなたは星を消そうとしていた
僕が君を夢見る頃君は悪夢に殺されかける
君の血を飲みほしたあと、何故か満たされず空しさだけが遺った(どうして、漸くすべてを手に入れたのに)
知らなかったの?かみさまはいつだっていじわるなんだよ
数えたら両手の指がぜんぶなくなってしまうわ、課せられたものなんて数えられないもの
どれだけ言葉を重ねても足りない
試されている、何も理解できていないままに
このすりきれた脳にまだ何かを刻めると本気で思ってるのかしら

あなたを忘れたらきっと、あたしは言葉すら紡げない

追いつこうと焦るたび引き離されていく
おいてかないで、追いつくまで待ってて
薄れていく虹があたしときみを引き離す
届かないよ、この声も伸ばした手も、空の上のあなたには
掠れてもまだ叫んで叫んで叫んで、
あなたを忘れたらきっと、あたしは言葉すら紡げない
君をうしなうのは一瞬だったのに(君との想い出をうしなう時間が足りないよ)


未だ眠り続けるきみへ、

未だ眠り続けるきみへ、
ありったけの恋を、ひとことにこめて
さいごに愛しいと云えた、ただそれだけで僕は幸せだと笑う
呼吸ひとつ思い通りに出来ない恋のさなか
ただひとりしか見えない幸福
まだ隣にはいけないよ、だって生きていたいもの(ごめんね)
咎められるより赦されるほうが耐えられないんです
だけどきっとそれでよかったんだとおもう
死せる者へ祝福を


戻れないから、せめて未来で逢いましょう

別れの名前
君の不在と夜行バス
もう二度と君にすくわれる事はない
少しだけ慣れはじめてる(新しい世界にも、あなたがいないことにも)
君に手を伸ばせなかったあの日を今も
戻れないからせめて未来で逢いましょう


人を愛せるひとを愛する

怠脳
夢見る才能
人を愛せるひとを愛する
無償の甘さ
跪くことのうつくしさ
輝く理由が底にある
少しだけ先にいるから必ず此処へ来て


赦さないと云って(一生忘れないと)、そしたら死ねるから

なにがいいたいの
手を裂いて
まじまじと見つめたら違ってた
流れるままに流される
腫れた目蓋の削ぎ方を教えて
赦さないと云って(一生忘れないと)、そしたら死ねるから


救われるために殺される

冬が生まれ死んでいく感情
穏やかに流れる日々にも足りない
絡まるくらいなら切り捨てる
救われるために殺される
きみの声が消えるまでロンド
音にまみれて生きていたい
いやだ、おわらないで(言葉にはできない、このせつなさは)だって愛してるんです


28分の1のあなたへ

3年と4ヶ月の忘却が蘇える
循環過程を巡り来て
あなたと僕の輪廻に似てる
追いつけなくなる前に
綺羅星の海で軌道を辿る
繰り返すかなしみに迷っても
燃え尽きるより先に出遭いたい
28分の1のあなたへ




きっとさよならさえくれない

憂鬱にまどろむ心地よさもしらないまま
まっすぐを見つめるだけの瞳
そんなあなたはうつくしい
独りきりまっさらな光を目指して
やさしさを履き違えたあなたは
きっとさよならさえくれない


きみはまぼろしに恋をする

饒舌な沈黙
それは既に私の言葉ではない
けれどもそれは理想像
それは既にわたしではない
きみはまぼろしに恋をする


わたしってよくばり

心はとても凪いでいる
躯は希望以上に動く
わたしってよくばり
すきなものたくさんある
いま両手いっぱいに


だからおまえを愛せない

心の底で神を冒涜
不快な心音の遅速
知らないだろう、何ひとつ
なぜならおまえこそが優しいからだ
わたしは醜いものがすき
だからおまえを愛せない
自分以外を愛せない


永遠の赦し

運命を呪うか
目眩する日常に息づく呼び名
それ以上うつくしいものを知らない
言葉で届かないすべてがお前に伝わればいい
あの瞬間死んだのが何だったのか未ださがしている
死ねないお前を遺して逝くこの罪悪を償うことすらもうできない
(詰まるところこの終焉は他でもない私に科せられた永遠の赦しであったので)


そうしてアリス姫は目醒め

その笑顔だけは愛せた
君のそれは恋ではない
銃よりも酷い脅迫
こうしてお茶会は続く
君が遺したものを追ってる
そうしてアリス姫は目醒め


愛しいのも憎らしいのもぜんぶ繋がってるんだって教えたのもあなた

なにひとついえません
ぜんぶじぶんのためなんです
そのかなしみに憬れる
もう嘲笑ってもくれないね
音もなく近づく、そして終わりゆく
愛しいのも憎らしいのもぜんぶ繋がってるんだって教えたのもあなた


私が冷めたら褪める夢

私が冷めたら褪める夢
そんなことないなんて言わないで
だってこの先を識ってる
遠い昨日に生きるひと


さあ、カルネヴァーレのはじまりだ

そんな「もしも」は要らない
ふたりは時々殺しあう
嘘ばかり云うひとだ、
(だがしかしそれは既に過去)
最初に君との別れがあった
そのぬくもりの中で目を閉じる
それじゃだれも愛してないのと同じだ
ただひとつその衝動を胸にしまって
日ごと生まれ変わる感情をまた殺す
さあ、カルネヴァーレのはじまりだ


パーフェクトプランナー

腐乱する静寂
最高の逃げ道
そうなるように私が決めた
パーフェクトプランナー
夢想、そして追悼
彼曰くの地獄


あなたがいるだけで煌くよ

宇宙すらちっぽけに思う傲慢
あるいはただの偶然
あなたの描くすべてに愛を(感じ、捧げます)
なんてこと、まるでしあわせみたいね
世界が瞬く瞬間に
あなたがいるだけで煌めくよ


I'm still chicken

奪われたまま埋まらないなにか
忘れてたっていいから
何回傷ついたっていいから
今も無意識にさがしてしまうけど
何にもふれない手
笑ったままの写真
消えてしまった唯一
死が想い出を美化しても
(忘れてしまう方が、よっぽど怖かった)
I'm still "chicken".


だからいつもすこしだけ

もうおもいきり泣くことはないけど
ふと何となくの刹那にきみがいるような気がして
何もふれない寂しさに胸が締めつけられていく
もうかなしくはないよ
もうなにもいらないよ
だからいつもすこしだけ
(せつないよ)


出逢わなければよかったんです

歪んだ空を嘆く事だって出来た
暫くは夢など描けないでしょう
いつだってさよならはどうしようもなくかなしくてやさしいのです
捌け口だってよかった
ただ右肩にふれる温度があったなら
その声が紡ぐなら呪詛の言葉でもよかった
時々、ふと時々、こうして無性にあいたくなります
言葉尽くしじゃないとだめになる
こうして無駄なボキャブラリが増えていく
どうしようもないせつなさが辿り着かないまま腐りゆく
(だって本当はまだ好きで、死を認めても消えないままで、)
出逢わなければ、よかったんです


願うだけで叶うような祈りだった

90度の視界で世界をみていた
誰かの温度を愛してみたかった
存在しない言葉をさがすみたいに
その青を、目の醒めるような愛の色を
それはもう形容しがたい純度で想うだけ
(ああ、ただ、わらっていますように)
36度5分の平熱に浮かぶ幻が消え去っても
願うだけで叶うような祈りだった
だから言葉になんてできないまま
零して零になる瞬間
わたしは二度と、深い愛を識りえない


喪失、そして私は、

喪失、そして私は、
すでに価値など喪って
泣きたいくらいわかるから
結末には嘆かない
神様を赦せない


原色の夏、夏のひと

夏のひと
耳にかすった
なにもかも夢がかってみえる
波の音、君の声、世界のすべてがうつくしい刹那
僕らはあの日世界一の役者になれた
光が目を刺す瞬間に
せめて昨日を永遠に
原色の夏
神様の死臭
つまり死者に対してはなにもかもが傲慢なのだ


それでもきみと出逢えてよかった

きみが愛したものを私も愛せればよかった
届かない青に羽ばたければよかった
かなわない夢だと嘲笑えればよかった
忘れたくないことと忘れてはいけないことが一緒ならよかった
それでもきみと出逢えてよかった


それは白昼の祈りにも似ている

大丈夫、なにもこわくなんてないから
夢の果てで、それでも終わらない続きのようで
やっぱり泣いてしまう、けど
振り返ったいつか、その片隅に残ればいい
伏せた目のなかでいつか逢えればいい
それは白昼の祈りにも似ている


世界はきみがねがう程優しくない

午前6時の葛藤
生こうか生くまいか、死のうか死ぬまいか
朝は憂鬱があふれだす
目を凝らせ、逃げるんじゃない
肺がつぶれるまで、足がすりきれるまで
掠れてもまだ叫んで叫んで叫んで
楽になりなよと嘲うきみ
あわせてわらうあのこはかわいそうだな
世界は君がねがう程優しくない(でも君がおもうよりも綺麗だよ)


だってあなたは嘘つきだから

夢は夢のままだから綺麗なのだと思わない?
少しだけ救われた気分になるんです
だってあなたは嘘つきだから
信じてもいないくせに縋るのは卑怯ですか
罪悪感にまみれるくらいなら傷ついたほうがいいのか
追いつこうと焦るたび引き離されていく
重低音にまみれた部屋で曝されたきみ、きみの声
その声に応えたのはだれ?


ねえかみさま、あなたって本当は居ないんでしょう

君が私の愛を識ることはもうないだろう
死んでくれたっていいじゃない
夢見るより先に殺して
君が殺した愛の亡骸
ねえかみさま、あなたって本当は居ないんでしょう


嫉妬じゃない羨望でもないただ置いていかれるのが厭なだけ(そうやって強がるしかないじゃない)

壊れていたいの、誰よりも拙く。だって決して綺麗ではいられないもの。
毒ばかり撒くこの口をだれか塞いでよ
被害妄想みたいな劣等感


ゆるやかに褪せるあなたのすべて

ゆるやかに褪せるあなたのすべて
彼自身のように、声はもう二度とかえらない
(皮肉にも、たった今愛を告げた私の言葉によって)
まるで待ち焦がれていた舞台を鑑賞するような真摯さで
彼がどんなにずっと生き続ける事を信じても、結果はきっと変わらなかった


したがってそれは幻想です

庭に咲いていた、あれは薔薇だったかしら?老いるより死を望んでた
終焉という永遠に焦がれ続けて、
決して変わらないものを求めた
すべて瞑想のなかの夢
したがってそれは幻想です


屹度此れが最後だと識つてゐるから

私達が然うだと理觧する前から、今日が決定的な別れだと决まつてゐたのだ。一生の別れではないと觧つてゐながらも、矢張り壱つの區切りと云ふ事に變はりはない。一時離れてしまへば、まう弐度とかうして同じ目線、同じ氣持ちで笑ふ事は不可能に成るのだらう。あと數日もすれば、今心にあるすべてのうちの何かしらを喪ひ、新しひ記憶へと塗り替へてしまふ。其れを悲しひと感じる前に、如何してと問ふ前に私達は壱つの別れを迎へる。だけど其れを識りながらも、まるで「然樣なら」を識らなひ子供みたひに、(屹度此れが最後だと識つてゐるからこそ、)時間が訪れる迄笑つてゐた。

君はもう僕の手をとらない

もう鳴らない毎日鳴った電話
擦り切れた小指の約束
ただひとつの繋がりでさえ離れる距離
君はもう僕の手をとらない
(そして気がつくその理由)
依存してるのは僕だった


だけど信じる

どうしての答えがほしい
裏切りとはこの世の理である
揺らがない絆などありはしない
人の気持こそ最も恐れるべき対象
明日にはその手も解けているさ
それでもあなたが笑うから
わたしはあなたを信じる


だから信じる

だって一生あえないわけじゃない
だってまたすぐにあえるじゃない
だってこうしてわらえるじゃない
だからいわない
( さよなら なんて )


聞かなければよかった。

あの夏を忘れることはないだろう。奇蹟みたいな偶然で君と出逢い愛したあの夏を。 あれから二年の月日が経って、それでも変わらずに君を想い描き続ける。 交わした言葉のどんなちいさなかけらさえ零さないように抱えて、見届けることのできなかったさいごの瞬間をさがしている。 もう二度と逢えないとわかっていてもあの場所へ向かう僕を、君は笑えない。 だってさよならと云ってくれたならもう待つことなんてしなかったのに。 そんな僕は今だって、君の儚い約束に縛られて立ち上がれもしないんだ。 (「また明日」なんて、)聞かなければよかった。

死んでいるのも楽じゃない


凛娼
君が世
高架線論争
定型文で告白
まどろみの悪魔
朝焼けのベンチにて
あなただけを赦す代償
これが僕の愛すべき戦場
死んでいるのも楽じゃない


ねむれないうそつき

偽りの不眠症
そのむこう、
人為的な直線
三色チョコレイトのタンゴ
睫毛の先、霞むあなたの温度
断頭台で踊る麗しき君の最期
センチメートルの距離で色めく
うっそりと死を語るその口を愛す
紛れもなく本物で嘘みたいな真実
五感のすべてで想う、第六感のゆくえ
すごくきれいだ、だからその血塗れの手を僕にちょうだい
やさしいものがすき。きずついてもいいからすきでいたいの。


あとすこし経てばあなたは過去となって

君のために歌をつくっていました
決してかわらないと指きりしました
忘れたくないと泣いて叫びました
君は僕を愛していました
(さっきまで息をしていました)

すべては過去となりました

私をかたちづくるすべての一部になるだろう

ときめく心の理由
触れる肌の熱
この口が紡ぐ白の愛
さよならのための嘘

あなたがわたしのすべてでした

思い出よりも曖昧で味気ない残像だけを遺し

それでも好きだよと、
だって信じるしかないから
この手から喪われていく温度
さいごのキスで終わるさいごの夢

そして遺ったのはあまく惨酷な残像

言葉では届かない記憶の海底へと沈んでいくだろう

あせていく
うすれていく
とけていく
こぼれていく
かけていく
ねじれていく
くちていく
わすれていく

ぼくのなかの記憶というきみはもう、

この感傷を後悔と呼ぶのならば

夏のさなかに朽ちたひまわり
瞑想で終わる恋愛遊戯
バス停に寄り添う影のゆくえ
薫らない金木犀
青まみれの空、のこされた直線
かえれないこども
逝き遅れた桜
真白になりきれなかった六花
もうここに居ないあなたの誕生日
喪ったものに縋るわたし

完璧感傷主義者

それはきっと出逢ったことへではなく

二年前、冷夏の夜
願っていたよ
まるで雪みたいに淡く
毎日ちがうきみに
永遠じゃない、ただ続くことを
東雲の天で
やさしすぎた嘘
識らなかったわけじゃないけれど(もう時間がないと)
もう一度を求めているだけなのに

出逢ったってもう二度と逢えない

新しい何かを求めて前に進んだ決意に違いない

メメント・モリ
忘れゆく焦燥にかられても
君のいる世界が手招いても
繰り返す日々で色褪せても

死を想いながら生きていく決意をしたよ

だけどそれさえも跡を追うように沈んでいき

跣のまま、アッチェレランド
赴くまま、ピウ・モッソ
終わり無き環の果ての果て
片耳にノイズ
想像にとりつかれ
何もかも、ひとりよがり、だ
もどかしさだけ駆け巡る
蒼という青をもとめて
逃げ出す速度で

ただ現実を追うように加速する

何ひとつのかけらさえもなく砂に埋もれるのだろう

その手を掴むために
隣に並ぶために
振り向いてもらうまで

何ひとつの希望も可能性もないまま

(それでも追い続ける背中)

それは永遠の別れにも似た忘却である

ふたりでいつも唄った旋律
心の深いところに刻んだ言葉
きみの微笑ってるたった一枚
日々に色褪せるあの日々
忘却曲線をだれかとめてよ